きっとまた

過去に二度ほど、心を病んだことがあります。

二度、と言ってもちゃんとお医者さんの診断を頂いたのは二度目だけ。
ただ、一度目から復活した後、あぁ、もしかしてお医者様に行ってたら、もっと早くにラクになれてたのかな? と思ってたところ、二度目になり、お医者様に行ったら「軽度のうつ病ですね」と言われたので……
同じ症状だったので、多分やっぱり一度目もそうだったのだと思うのです。

そして……二度ほどなっちゃうと、やっぱりまたなるんじゃないか、と……
怖くなる。

一度目は仕事でした。
二度目は恋愛でした。
三度目は何が理由でなるんだろ。

あってほしくないけど、あるんじゃないかという恐怖。
うん、病気への恐怖とかかな……

岡大に転院してから、主治医には「メンタルが弱いので」とは報告してます。

今、仕事も恋愛も、結構いっぱいいっぱいで。
(恋愛は、何もない。何もないことに、自分で焦って、自分で自分を追い詰めてる。涸れていく感じにおびえてる。もしかして更年期の女性の焦りってこういうものなのかなと思ってみたりする。幸いにしてまだ、更年期の気配はないけど、いつなってもおかしくないしね)

生きてれば、きっと楽しいこと、嬉しいこと、たくさんあるんだろうな、と思う。
でも生きてれば、きっと苦しいこと、つらいことも沢山あるんだろうなと思う。
そうしたら、何かのはずみに「もう、いいんじゃね?」と……

そんなことを考える自分が、とても怖くなる夜がある。

綺麗に死ぬ方法とか、誰が悲しんでくれるだろうとか、そんなことばかり考えてたあの頃には戻りたくない。
二回目はちょうど硫化水素の自殺が取りざたされてた頃だった。誰か私を巻き添えにしてくれないかなと思ってた。自分でする勇気はなかったから、隣の人がして、自分が巻き添えになることを望んでた。
誰かの噂話を聞けば、自分のことじゃないかと気にする。体調が悪いだけの友達に「私、何かしたかな?」っておびえる。そんな私には戻りたくない。

飛び回ってる私を見て、みんな「元気じゃん」っていう。
でも、飛び回ってないと、おかしくなりそうなんだ……

あれもこれも手をだして、明るく振舞って、色んなことやってないと、取り込まれてしまいそうなんだ。

だから、多分時々妙なポエムを書くと思う。
主に過去のことや、創作系のことになると思う。

あぁ、何か考えてるんだな、と思ってもらえるとありがたいです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする