最近のルーティン

今日も天気の良い岡山です。窓際には外に通路があり(面会用通路)、直接日差しが入るわけでもないのに、この時間は少し暖かくなるくらいです。

薬の話

免疫抑制剤が点滴から内服に変わったというご報告はしていたのですが、なんかそうすると突然血中濃度が下がったらしく、日々(といってもここ二日は変わってないですが)飲む量が変動していました。

血中濃度によって(上がりすぎないよう、下がりすぎないよう)その日の夜と、翌朝飲む分の薬の量を変えるのですが、血中濃度が下がっている=薬の量が増える、ということで、最初にその話を先生に聞いた時から二段階くらい増えて、そのまま横ばいになっています。

上の先生とも相談したのですが、あまり増やすと今度は腎臓に影響が出てもいけないし、ということで……と説明を受け、今横ばいになっているので、多分今の量でしばらく様子を見る、ということなんじゃないかなと思っています。

断然カプセルが飲みやすい

で、この免疫抑制剤、当初は粉薬でした。で、最初中途半端な量(小数点がついている)時は、粉は粉でも一袋になっていたのでまだ良かったんですが、そのうちキリがよくなったら、アルミの小袋4つで出てくるようになっちゃいまして。

昨晩看護師さんから「これって飲みにくくないですか? カプセルも出来ますよ」「え、そうなんですか?」と……
「飲みにくいですよね、明日先生にお願いしておきますね」と言ってくださいました。
そんなこともあるんだ……(元々カプセルがある薬だったみたい)

そんなに不味い薬でもないのでましだったんですが、アルミの小袋4つイチイチ開けるより、カプセルの方が絶対ラク。
ということで、本日夜からは、カプセル4つになりました。

胃薬の変更

日々の食欲は衰えるばかり、メンタルの部分もあるけど、これ、胃自体も弱ってないか? ということで、今までのお薬を変えてもらうことにしました。
いままでは、朝に1錠だけ飲んでいたのですが、朝と夕方、寝る前に飲むタイプ。

作用も今までのとはちょっと違うタイプのお薬とのことで、これで少しは変わるといいなぁ。食事の時間が苦痛、というのは入院生活では結構しんどいです(他に楽しみと言えるほどの時間がないですからね)

暖冬はこのまま行くのか

先ほどぐるっと日課のお散歩をしてきたのですが(病院内を端から端までぐるっと回る/階段の上り下り)、その時にちょっと外の空気に触れ(渡り廊下が途切れているところがある)寒くない! と少しびっくりしました。

津山も「今年はそんなに寒くない」とのこと。3か月予報でもあまり寒くなる予報はないですが、まさかこのまま行くんでしょうか。

暖冬、暖冬と言っても、例年大寒気の一つや二つは来るのが普通だと思うのですが……
季節外れの大雪が、退院するなり来たりしたらイヤだなぁ、でも早く退院したいなぁとそんなことを思いました。

本日もお読みいただきましてありがとうございます。

ランキング参加中↓

難病ランキング
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
アバター如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*家飲みを、もっと美味しく簡単に*
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな日々を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく、もっと楽しく快適に過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses