映える!トッピングにおすすめの食材ベスト3

イカのマリネ

はじめに

Tips というカテゴリーを作ってみました。日々の食と酒を披露しているこのブログですが、やっぱ役に立つ! と思ってもらえる記事も書きたいと思うし、とか。というわけで一つ目のコンテンツは映えるトッピング食材です。

トッピングというと、どんなイメージでしょうか? 面倒くさい? なじまない? それとも欠かせない? 私も一人暮らしを始めたころは、トッピングとかwwみたいな感じでした。でもアルバイトで料理屋さんで働くようになり、「あしらい」というものの重要さを理解してくると、……そして、小料理屋さんの「小鉢」などを見るにつけ、その重要性はひしひしと感じるようになりました。
とはいえ、当時はSNSはもとより、スマホも、ガラケーも、写メという言葉すらない時代。

そして時は流れ、今や料理写真がネットにあふれている、こんな時代に。
そんな中、やっぱりあらためて、トッピングは大事だなーと思ったりします。

さて、以下の写真を見てください。

なし あり

同じ環境で取っていないので(片方台所、片方部屋)あまりいい例ではありませんが、どちらも同じデザートです。
というか、買って帰ってさぁ食べようと思ったときに、なんか味気ないなーと思ってしまい、「そういえば、ハーブあったじゃん」と思ってハーブを追加、写真を撮ってました。
いつか、こういう記事を書きたいって思ってたんですね(笑) 写真は撮っておくものです。あきらかに、ハーブある方が「高そう」「美味しそう」と思いませんか?

というわけで、トッピングの話。というか、簡単おすすめトッピング、ベスト3です。

第3位 ロゼポワブル 別名ピンクペッパー

ハードル高い? でもどこかで見つけた時に一袋買っておくと、本当に便利です。ペッパーと言っても、ほぼ味を邪魔しないし、見た目は可愛いし、舌触りはしゃりっとしていて面白いし。
使い方としては、洋風の皿に、包丁の刃でつぶして、さらっと掛ける。和風にはなかなか合いませんが、洋風のものなら、ほぼ何にでもOK。

アボカド
こんなのとか。

かんぱちのカルパッチョ
こんな感じ。お値段も、飽きるほど使えて、400円から500円ほどであるはず……

ということで、おすすめの一つ目でした。

第2位 バジル

イタリアンには欠かせないハーブ、バジル。フレッシュバジルは、ピンクペッパーと同じく、ほぼ洋風のものには何にでも合います。フレッシュバジル、買うと使い切れないなーという方におすすめなのが……

バジル

えへへ、こういうのはいかがでしょうか?
ハーブって、スーパーマーケットでも品揃えまちまちだし、絶対あるとは限らないし、あっても鮮度悪くて裏側の葉っぱ、茶色くなってたりすることもあるし。
バジルってめっちゃ生命力が強くて、市販のバジルのパックのうち、元気な枝を水耕栽培も出来るし、そこらへんのホームセンターでは100円台で苗を売ってるので、それをそのまま育ててもいい。水耕栽培ですら育つくらいなので、ポットで買っても水やりだけでかなり旺盛に伸びてきます。
そしてポットで育てることの一番のメリットは! 芽が、たくさん。一つ摘むと、その両脇から芽が出てきて、それが伸びてからまた摘むとさらにその両脇から……という倍々ゲームを楽しむことができます。
ちなみに料理に使うとこんな感じ。

クロワッサンチーズサンド バジル

バジルに限らず、ハーブはあるだけでちょっと「いい感じ」になるおすすめのアイテムです。個人的にはディルとかチャービルも好みです。

第1位 糸切り唐辛子

二つとも洋風の素材だったのですが、第1位は糸切り唐辛子。中華からエスニックまで、というか、中華というより炒め物とかに万能。
しかも今まで出てきた中で一番CP(コストパフォーマンス)良し! 一袋100円ちょっとで買える……はず。それでもって、純和風、洋風以外の大抵のものに使える、これはおすすめです。
ちなみに今までの二つよりも圧倒的に「立体感が出せる」というのも、おすすめポイント。

韓国冷麺
冷麺によし。

春野菜の中華炒め
何気ない炒め物でもちょっと気の利いた感じに。

ということで、おすすめの3食材。ピンクペッパーは俯瞰の写真に、糸切り唐辛子は斜めのアングルがおすすめです。
ちなみに今回、和風のものが出てきていませんが、和風に合うものって、あまりにあり過ぎて、これらと一緒にベスト3ってちょっと乱暴かなと思ったので、また次回。
ぜひ気軽に「一品プラスで映える!」を実感していただければと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top