スキレットで作るチキンのこんがりコチュマヨオーブン焼き


コチュジャンを使った簡単レシピ、本日はマヨネーズを使った簡単オーブン焼きです。スキレットを使うので、すべての工程、焼くところからオーブン、テーブルまで、すべて一つでOK。
夏場は少し暑いですが、エアコンの利いた部屋で、冷たいビールと一緒にどうぞ!

初めに

コチュジャンってマヨネーズと合いますよね。野菜にコチュマヨを付けて食べたりはしてみたのですが、ふと「これマヨネーズだし、焼くとジューシーでおいしく出来るのでは!?」と思ったのがレシピを思いついたきっかけです。それと、台所がこの連日の猛暑で、本当に暑くて、部屋はエアコンを掛けられるのでまだよいのですが、台所にあまり立ちたくない……

最低限の作業をを台所で仕上げたら、残りは部屋にあるオーブンレンジで出来るものがいいな~ という……(でも暑いけど)
冷たいものばかり食べていると体調を崩してしまいますよね。時にはしっかりお肉とコチュマヨで、体力を維持しましょう。

ビールにも合うので、「あつっ」とか言いながら、はふはふお召し上がりください。トップに掛けるパン粉とチーズがいいアクセントになっています。

作り方

材料

一人分

鶏もも肉 100g
白ネギ 1本

油 小さじ1
塩コショウ 少々
コチュジャン 大さじ1
マヨネーズ 大さじ2
パン粉 大さじ2
粉チーズ 大さじ1

下準備

鶏もも肉は一口サイズに切ります。
白ネギは5cm程度に切りそろえます。
ソースはマヨネーズとコチュジャンをよく混ぜておきます。
コチュマヨ

下焼き

スキレットに油を入れ、鶏もも肉を焼いていきます。塩コショウと白ネギも入れたら火を弱め、全体的に火を通していきます。
スキレットで焼く

全体的に火が通り、ネギがやわらかくなって、少し焦げ目がついたら火から降ろします。

ソースを掛ける

コチュマヨソースを全体的にかけ、その上からパン粉、粉チーズの順番でまんべんなくふりかけます。
オーブン前

オーブンで焼く

焼き上がり

スキレットをオーブンで焼きます。オーブントースターでも可。
今回は180度で15分ですが、少し焦げ目が足りなかったかな~~

オーブントースターで作った場合でも、ソースに火が通ってお好みの焦げ目がつけば出来上がりです。

ビールに合う

コチュジャンとマヨネーズでジューシーに仕上がったこちら、冷たいビールに合わないわけがない!
少しピリ辛のアクセントと、かりっとなったパン粉と粉チーズの食感も面白い一品です。
また、今回は暑さの誘惑に負けてビールと一緒にいただきましたが、白ワイン~ロゼワインの、やわらかな味わいのものにも合うと思います。ピリ辛味とワイン? と思うかもしれませんが、白ワインだと中口と呼ばれているもの、ロゼワインだとやや甘口のものなどは、ピリ辛味~しっかり辛口の中華などにも、いい感じに合わせることが出来ます。

食生活が冷たいものばかりだな、と感じたら、スキレットを使った簡単オーブン焼き、いかがでしょうか?

韓国料理から和食、洋食まで♪bibigoコチュジャンを使った旨辛レシピ
韓国料理から和食、洋食まで♪bibigoコチュジャンを使った旨辛レシピ

↓ランキング参加中↓

 

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top