更級日記の少女の心


久しぶりにこちらへ書きます。
本サイトは小説更新休止中で、でもこっちは書くって言ってたのにね。
源典侍のこととか、書きたいことは山のようにあるのですが、まとまって「思うことを文章にする」という時間は仲々とりづらい昨今です。

さて今回のタイトル。
久しぶりの休日で、少したまっていた小説類をゆっくり(とまでは行かないか)読んでいたら、ふと思い出しました。
源氏にも関係のあるお話なので、ここに書くことにした次第。

更級日記は菅原の孝標の女(むすめ)が作者の、平安時代の日記です。
その中に、私のすごく好きな一説があります。

以下引用

はしるはしる僅に見つゝ、心もえず、心もとなく思ひ、源氏を一の卷よりして、人も交らず、几帳のうちにうち臥して、ひき出でつゝ見る心地、后の位も何にかはせむ。

引用以上

訳(やく)なんていらないくらい、分かりやすい文章だと思いますが。
面白くて面白くて、もう止まらない。この楽しさはお后になることだってかないやしない。
こんな感じでしょうか。
引き比べるのはおこがましいかもしれませんが、私も小さい頃本に夢中になって、気付くと暗くなっていて
「電気つけなさい!」
などと叱られたことを思い出します。
それを彼女に味わせたのが、源氏を初めとする物語だったというのが、どことなく嬉しく、やっぱり1000年前の話でも共感をしてしまいます。

以上の引用はこちらからさせていただきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top