冷凍パイシートで作るチーズガーリックのスティック

チーズガーリックスティック

飲んでいて、なんか足りないな、もう少し食べたいけど……そんなとき、簡単にのせて焼くだけ、チーズとガーリックの香ばしい、ビールにもワインにも合う一品の紹介です。

はじめに

主食を食べるほどではない、でも少ししっかりしたものが食べたい。お酒を飲んでいると、そんなことがあると思います。そんな時、冷蔵庫や冷凍庫にあるもので、ぱっと一品作れるといいですよね。今日ご紹介するこちらは、チーズとガーリックの風味で、食べ応えはしっかり。焼く時間があるので、すぐに、というわけには行きませんが、載せてトースターで焼くだけ、という手軽さです。

今回の材料は分かりやすく冷凍パイシート1枚分ですが、1枚分だと女性にはちょっと多いかも。私は手でざっくり半分くらいに折って、この半量で作っています。

材料 【冷凍パイシート1枚分】

冷凍パイシート 1枚
とけるチーズ 20g(お好みで増やしても可)
塩 少々
あらびきガーリック 適量
(お好みで)あらびきブラックペッパー 適量
(お好みで)乾燥パセリ 適量
バター 10g程度

作り方

冷凍パイシートを、クッキングシートに広げ、時間がゆるせば解凍します。
冷凍パイシート

その上に、とけるチーズとあらびきガーリックをまんべんなく広げます。
チーズとガーリック

さらにその上から、バターを細かくしたものを散らし塩を適量掛けます。塩は見えにくいので、掛け過ぎに注意しましょう。また、薄味でも大丈夫という方は掛けなくても大丈夫(チーズやバターに塩味が含まれているため)
味を見てから、と思う方は焼けた後に掛けても大丈夫です。
バターを載せました

白く見える塊がバターです。このくらいに、バターナイフなどでざくざく崩し、全体的に散らしておきます。

ブラックペッパーやパセリを掛けます。私はブラックペッパーでがっつり行くのが好きなのですが、マイルドな味が好きな方は乾燥パセリがおすすめです。
今回は半分ずつで作ってみましたので、見た目の参考にしていただけるかと……

パセリとブラックペッパー

手前がパセリ、奥側がブラックペッパーです。今までの工程を見ればわかる通り、ずーっと白いものが続くので、ちょっとこういうものが載った方がアクセントになりますね(笑)
美味しそうにも見えるので、ぜひどちらかは載せてくださいね。

焼きます

20分焼きました

オーブントースター(1180W)で20分焼くと、このくらい。チーズは大分いい感じですが、実はこの時点ではパイシートがイマイチ。ちょっとやわらかい段階です。
でも白ワインに合わせるのなら、このくらいでも十分おいしくいただけます。ソフトな感じがやわらかい白ワインに合わせやすい。
さらにもう10分焼くと、結構しっかり焼けた感じになるのですが、パイ生地がサクサクしてきます。ビールやスパークリングワインに合わせるのなら30分をおすすめします。

切ってお皿へ

スティック状に切れば、食べやすいですね。少し冷めてから、しっかり切れる包丁でざくっと切ると、切りやすいです。熱いうちはチーズが切りにくいので、やけどにご注意ください。

ポイント

チーズはまんべんなく、少し足りないかな、というくらいの方が美味しくできます(焼いてるうちに表面を覆ってくるので)
また、バターは面倒でも散らしておいた方が、適度にボリューム感が出て、美味しいので、ぜひ載せてみてください。
今回はあらびきガーリックを使いましたが、あらびきガーリックは多めに使っても大丈夫(写真を参考にしてくださいね)なのですが、パウダータイプを使う時には逆に「足りないかな」と思うくらいでも結構しっかりと風味が出るので、少な目に使いましょう。

焼き加減、載せるもののバランスで、ビールにも白ワインにもスパークリングワインにも合わせやすいチーズガーリック風味、簡単に作ることが出来ます。
ぜひお楽しみください。

【レシピブログの「手軽でおいしいスタミナ料理」レシピモニター参加中】

スタミナ料理レシピ

スタミナ料理レシピ  スパイスレシピ検索

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top