ハマチで作る簡単ピリ辛ヅケ丼

ハマチのヅケ丼

先日お店に行って気づきましたが、ハマチ、お買い得な感じになっていますね。ということで、お刺身で食べるのもいいけれど、食べ方ってそれだけ? という方にヅケ丼のご紹介です。もちろん他のお魚でも美味しくできます。
身が厚めで、脂もある程度載っているお刺身が美味しいかな~ お仕事のある日に帰っても、ご飯が炊いてある、あるいは冷蔵冷凍ごはんがあるってことだったら、簡単に作れます。
お刺身好きだけど、買ってきてパックのままというのもアレだし、どうせならちょっと変わった食べ方してみたい、という方、ぜひどうぞ~

材料

ハマチのお刺身 一人前
大葉 5~6枚(なくてもよい)
もみのり 適宜
わさび 少量
しょうゆ 適量
食べるラー油(お好みで)
青ネギ トッピング用。細いもの1本程度

切ります

お刺身を丼用に切ります。写真のようなお刺身だと1切れを二つに切るくらい。

ハマチ

普通のお刺身のままでも大丈夫と言えば大丈夫なのですが、味なじみの面と、食べやすさの面で、もう少し小さくすることをおすすめします。
大葉は千切り。

混ぜます

わさび、しょうゆ、大葉を、先ほど切った刺身と混ぜていきます。わさび、しょうゆは付いてきていれば、それを使っても大丈夫。お好みのものが家にあれば、それをどうぞ。添付のしょうゆだけでは多分足りないので、少し足した方がよいと思います。

大葉を混ぜる

材料の所に「大葉はなくても」と書いたのですが、これは大葉、傷みやすいのであまり冷蔵庫に常備してあるものじゃないよな、ということで、あればとてもおいしいので、お刺身を買ったときに一緒に買えればぜひ入れていただくことをおすすめします。あと、お刺身についている大葉でも、さっと洗って、水気をキッチンペーパーなどでふき取って使っても大丈夫です。食べるときに「あって良かった」ってきっとなると思います。

盛ります

ごはんともみのり

白いご飯があいますね。と、おすすめの常備食材、もみのり。暖かい白ご飯の上に、もみのりをちらし、さきほど混ぜたヅケを盛ります。ご飯をよそう時に、上を平らにしておくと、いい感じに乗ります。
青ネギと食べるラー油をちらして出来上がり。

ハマチのヅケ丼

食べるラー油はお好みで。私自身、ラー油を掛けたい気分になる時と、うーん、あっさり行きたいなぁという時に分かれます。
あ、もちろんラー油を掛けなかったら、ピリ辛にはならないですので、そちらはご注意ください。

それとラー油はヅケの段階ではなくトッピングに使うのがポイントです。ヅケの時に一緒に混ぜてしまうと、なんというか「ラー油一色」みたいな味わいになってしまいますので……
いつもお刺身ではつまんない、と思っているお魚好きの方、ぜひお試しください。

日本酒にも

また、こちらのヅケは単独で小鉢に盛ると、日本酒のいい肴になります。味がしっかりめなので、吟醸酒などの繊細なお酒ではなく、純米酒や原酒などのパワフルで濃いお酒がおすすめ。ぎゅっと冷やして、ぜひこちらも一緒にお試しください。

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g【stamp_cp】【stamp_010】

価格:374円
(2018/6/13 07:22時点)
感想(9件)

にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする