カテーテルが抜けました

世羅高原のダリア

ぼちぼち退院に向けての各種の総括みたいな検査が日々重なり、そんな中「いつになるかな」と思っていたカテーテルを、本日外しました。

検査な毎日

先日書いたCTなどもあり、今週は比較的検査の多い週でした。
というわけで、今日の検査は心エコー。
ただ、以前(移植前など)に検査があった時は、午前中のどこかで呼ばれるということが多かった気がするのですが、今週の2回はどっちも9時前に呼ばれ、外来の患者さんが多くなる前にやってしまおう、みたいな感じのことが多かったです。

と、今日心臓のエコー検査(超音波検査)だったわけですが、知らない間に場所が移動しており、しかもフロアは同じだったので逆に誰もそれを教えてくれず(紙に○○棟〇階みたいなことが書いてあるけど、そのレベルでは間違いではない)、今まであった所に行ったらなくなっていたので、ちょっと焦ったりしました。
(同じフロアの東から西に移動して、真反対になっていた)

回診もあった

今日は金曜日ということで回診もありました。普通は、その少し前に師長さんが「もう少しで来ますので」と言いに来られるんですが、今日はどういうわけか間に合わず、なんか外で話声がする→からのいきなり来る というあまりないパターンでした。

でも外来の主治医の先生と久しぶりにお会いできてよかったですね。
肺がラストの課題だから、それをクリアしたいね、ということで、特に問題もなく終わりました。
とはいえ、これも利尿剤は飲んでますが、私側でそれ以上何か出来るわけじゃないんだよなぁと思ったり。

カテーテルを取りました

色々あったカテーテル挿入にくらべて、あっけないほど簡単に、本日カテーテルを外すことになりました。
午前中にシャワーを浴び、その防水シートを外してもらっていた所、カテーテルを固定するシール状のものが剥がれかけている、ということでそれも貼り直しに。
外してみると、(私には見えないので分からなかったのですが)カテーテルが入っている所が少し良くない感じになっていたらしく(じくじくした感じになっている、という表現でした)痛くないですか、と聞かれました。

痛いとかそういう自覚症状はなかったんですが「先生に訊いてみます」ということで、見てもらい「そろそろ採血も毎日じゃなくなってるし、退院も見えてきてるし、取りましょう」ということで、急遽抜くことに。

病室で抜いちゃうというのは知識としては知っていましたが、本当にあっけなく抜かれて行きました。結構太いのが入ってると思ったのでもしかして縫ったりするのかなと思いましたが、この位ならすぐ止まるとのこと。
実際に5分もすれば「OK」ということで、絆創膏のみの状態になりました。

回診の後に師長さん来られた時にその話をしたら、透析なんかは太いから縫うこともあるけど、カテーテルは縫うことはなく、簡単に止まるよ、という感じでした。
人の体ってすごい……

というわけで、また一つ自由の身になりました(笑)
採血は針を刺さないといけないですが(輸血なども)、退院までのどこかでやることだったわけで、これもまぁ前進と言えば前進ですね。

明日は土曜日、お昼は何を食べようかな。
本日もお読みいただきましてありがとうございます。

ランキング参加中↓

難病ランキング
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
アバター如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*家飲みを、もっと美味しく簡単に*
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな日々を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく、もっと楽しく快適に過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses