夏野菜はカラフルなので使いやすい

チキンソテー

インスタに限らず、お皿の上がカラフルだと、やっぱりうれしいな~ なんてことを思ったこの一皿。
実はありあわせなんですが、内容的にはトマトとかきゅうりとか。あとその直前に使ったハーブ(チャービル)とレッドオニオン。

職場の人に良く言われるのがハーブとレッドオニオンはハードルが高い、って言われますね。
でも、実の所、私がよく行くJAの野菜直売所(季節の野菜が分かりやすい)にもレッドオニオンって三つで130円くらいで売ってたりするので、そんなにハードル高くないんじゃないの? と思ってます。
もしかしたら本当にハードルが高いのは「レッドオニオンを使う」ことの方なのかも、と思ったりします。
実際は普通の玉ねぎより辛味も少ないので、サラダとかこういうソースとかに使いやすいと思うんですけどね。

ハーブは……あるといいんですが、なかなかハードル高い。店によってあったりなかったりだし。今回はたまたまチャービルですが、バジルなどは苗で買ってワンシーズン持たせた方がお得かなと思ったり。
(店によってはイタリアンパセリしかなかったりするんですよね)

ただ、ハーブはあると「やってる」感が満載にはなりますが、なくても色合いはきゅうりの緑で十分きれい!
今回のサラダも、同じくらいの大きさに切って、塩コショウ、ハーブソルト、白ワインビネガーとオリーブオイルを少しずつ加えて混ぜただけです。

ポイントはやっぱり大きさをそろえて切ることでしょうか? 少し置いてから頂くと味もなじみます。で、その間にチキンを焼けばこれで一皿。
写真を撮ってみると、想像以上にきれいな見栄えになりました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする