たこの唐揚げが絶品の岡山下津井亭でたこ三昧

たこの唐揚げ

「週末は出かけます」と書いた先日の記事。とはいえ、とってもとっても近場でした。

児島下津井の下津井亭

倉敷市の、児島。倉敷市、というより、瀬戸大橋やデニムの方が有名かも知れませんね。その一番南側の端っこに「下津井」があります。しもつい、と読みます。こちらは「たこ」の有名な所。

その中でも、ここ下津井亭は、たこ料理が美味しい、という話を聞いており、津山に居る時から「一度行きたいなぁ」と思っていた所でした。

でも、そもそもちょっと中途半端な距離だったんですよね。目的地で「それだけ」には物足りないし、じゃあついでにどこかに……と言っても近いと鷲羽山ハイランドがありますが、遊園地に興味はないし、倉敷街並みだとちょっと距離があり、「下津井に泊まって、翌日倉敷ってのもねぇ」という感じ(倉敷の街を歩くなら、津山からでも日帰りで十分)

また、場所柄翌日四国へ行く、という手もあったのですが、それだったら前日に四国まで渡って泊まりたいよね、という感じで、なんとなく行きそびれてました。

でも今回、連休は取れず、半休+公休という中途半端な休み。「どこかへ行きたいけど、そんな遠くは無理」と思いながら楽天トラベルを見ていたら、なんと岡山県民のクーポンで5000円の補助が!

予約確認をすると「空いてる!」ということで、行ってきました。

そもそもの始まり

で、なんでここのことを知っているかというと、以前、いただいたことがあったんです、ここの唐揚げ。

今働いている事業所に出張で来た時にですね、当時の社長が「今日、いただきものでもらったのだけど、食べたことあるか?」と言われ「ない」と答えると「自分は食べたことがあるから、きみにあげよう。美味しいたこの唐揚げだよ、本当に美味しいから」と言われ、パックをもらったんです。

まだ今みたいに「テイクアウト」なんか、全然ない時代の話で、なんか聞いたところによると「知り合いが、自分に持ってきてあげたいと言って、頼んで、時々わざわざ持ってきてくれる」との話で、本当に「ラッキーなおすそ分け」でした。

で、それがまた、美味しかったんですよ。「これの、揚げたてってどんなに美味しいんだろう」ってその時に思ったのが最初でした。

旅館です

昼もやってるのかなぁ? 食べログにもあるので、あるのかも。まぁこんな時代ですから、色々イレギュラーかも知れませんね。

とにかく、古いです。いろいろ、あります。まずWiFiがない。和室なので座卓だし、どうも女将さん一人で切り盛り(多分調理場は別)でしているみたいで、いつも忙しそう。お風呂も共同しかない(トイレと洗面台は部屋にあります)。それなのに、結構いいお値段がする。

でも、景色はいいし(すぐ目の前が港で、船が出入りするのを眺められます)瀬戸大橋も見える。ましてや今回みたいにクーポンでもあった日には、ぜったいお得(そして、満室だった)

たこのコース料理

で、目的が目的ですから、プランは「下津井活たこコース」へ。内容はこんな感じ。

<span class="su-quote-cite"><a href="https://hotel.travel.rakuten.co.jp/hotelinfo/plan/11020?f_teikei=&f_heya_su=1&f_otona_su=1&f_s1=0&f_s2=0&f_y1=0&f_y2=0&f_y3=0&f_y4=0&f_kin=&f_kin2=&f_squeezes=&f_tscm_flg=&f_tel=&f_static=1" target="_blank">「下津井活たこコース」会席 ・食前酒 ・前菜 ・お造り ・珍味 ・たこ酢 ・焼きだこ ・揚げ物 ・鍋物 ・たこ釜飯 ・あら汁 ・漬物 ・デザート</a></span>

上で書いたように女将さんが一人でてんてこ舞いなので、食事時間に行くと、結構な量がすでにテーブルに載っていました。

前菜と、珍味、たこ酢、お造り、と、……珍味に含まれるのかな? ゆでた頭の部分の細切りにからし酢味噌(奥中央)、手前左にちょっとだけ食前酒の脚が見えてます。

これに、左側に

左奥が釜めし。右のコンロにしゃぶしゃぶの鍋が来て、手前がその具材です。ということで、まずは生中で乾杯。

そうそう、席はテーブル席とカウンターがあり、おひとりさま客はカウンターでした(3人分くらいを一人が使う)最初に座ったら飲み物のメニューがなかったので、女将さんに声を掛けたら、隣の女性がこれどうぞ、と言ってくださったので、生中と、その後に飲もうと思ってた日本酒はまとめて注文。そのままカウンターに置いておいてもらいました。

とにかく美味い

で、上で「旅館としての下津井亭」について、若干書いてしまいましたが、正直古いので、仕方ないと思いつつ、まぁ古いんですよ、とにかく。でも、食事をいただいたら、なんか「そういうの、まぁいいか」って思うくらい、料理が美味しかった。

私、実はあんまり「まぁいいか」とか思わない方だと思うんですけど、もちろん、新しくてきれいな方がいいに決まってるんですけど、まぁいいか、って思った。

本当に美味しかったんですよね。

で、前菜と小鉢とお造りとたこ酢を平らげる頃に、しゃぶしゃぶのお鍋登場。

そこから、釜めしにも火が入り、さらに焼きだこも。焼きだこはこんな感じ。

めちゃくちゃ地味じゃないですか? 薬味みたいなものも、野菜みたいなものも、たれみたいなものもなくて。しかも、女将さんも途中まで火をつけるの忘れてたし(笑)

「これ、味は?」「何もつけずに、海水のお味で」「あ、そうなんですね」とかいう会話を交わして、おそるおそる(だって全然どのくらいの味か分からないじゃないですか)食べたら、なんか……めちゃくちゃいい味なんですよ。

ぎゅっと塩味とたこの旨みが入ってて、いわゆる「加工品」っぽい味が全然しなくて(当たり前ですが)なのに「ぎゅっと旨」みがして、「うわ、なんだこれ、うまっ」と言いながら、日本酒のむのむ。

その頃には唐揚げも到着(タイトル画像です)し、釜めしはいい香りがしはじめて、なんていうか、一人盛り上がりまして。アツアツの唐揚げはやっぱり美味しくて、釜めしは想像通りに美味しくて。

デザートはゼリーが出てきたけど(左端)、なんかもう、めちゃくちゃにガツガツ食べた記憶しかない。

ということで、至福体験でした。一応3月までの大きなプロジェクトの予祝のつもりだったんだけど、あまりの美味しさに全然そんなこと思い出しませんでした。まぁいいか。

というわけで、たこづくしの下津井亭の大満足な夕食でした。

本日もお読みいただきましてありがとうございます。

ランキング参加中↓ 
美味しそうと思ったらぜひぽちっと♪
にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村


おひとりさまランキング
如月 ローズ
書くの大好きソムリエ&料理研究家。文章長め、肴多し。
現在岡山県のスーパーマーケットでシステムのお仕事をしています。
※(2019年11月より骨髄線維症治療に伴う造血幹細胞移植のため休職、2021年春仕事に復帰しました)
*家飲みを、もっと美味しく簡単に*
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな日々を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく、もっと楽しく快適に過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses