松江で出雲そば 中国山地蕎麦工房ふなつ

千鳥割子

先日、大雨の中でしたが米子に用事があり、ついでに足をのばして松江に行ってきました。
松江も津山と変わらない大雨。道中の高速道路は50km規制が掛かっていましたが、無事到着。昼食をこちら、松江のふなつさんで頂きました。
実はここに来るのは初めて。前を通ることはよくあったのですが、駐車場がよく分からなかったので、行ったことがなかったんですね。でも今回、松江の用事のルートを考えると、ここが一番いい、ということで、調べたら駐車場もちゃんとある、ということだし……

ということで、はじめてのふなつさんとなりました。

駐車場を探すことしばし

駐車場、めっちゃ分かりにくかったです。食べログ(だったと思うんですが)には隣接したスーパーマーケットに、とか書いてあったんですが、ないし! でも通り過ぎてぱっと振り返ってみると、裏に駐車場らしい場所はあるし! でもその時にはすでに遅く、間に川が…… 手前のルーテル教会の所を左折して、ちょうど店の裏手になるところに、ちゃんとありました。
大分遠回りした……

さて、到着したのは11時20分頃。さすがに平日で大雨。どうやら一番乗りだったようです。それでも料理を待っている間にもぞくぞく来られるし、13時からの予約の電話とか入っていたので、やっぱり人気のお店なんだなぁ、と。

メニューはそんなに多くはないのですが、割子とかまあげを中心に「精鋭ぞろい」という感じ。千鳥割子が割子そばにいろいろ具が載っているとの感じだったので、それを。
(千鳥は松江城の別名が千鳥城であることから、松江のシンボルでもあります)
それと食べログで見た時に「玉子焼きがおいしい」というコメントを見かけたので、玉子焼きも。お豆腐もあったのですが、今回は初志貫徹で玉子焼きをお願いしました。

玉子焼き

玉子焼き

玉子焼きはいわゆるぐるぐる巻いてある厚焼き玉子とはちょっと違って、うーん、多分四つ折りにしてある? ちょっと平べったいビジュアルの玉子焼きに、大根おろし(つゆで味付け済み)とパセリが載っていました。
柔らかいタイプではなく、しっかり玉子の味と食感が楽しめる味です。それをつつきつつ……すぐに千鳥割子も到着。

千鳥割子
千鳥割子

具の載った割子3段に、そばがき、揚げそばがきがついてます(揚げそばがきは右のトレイの横に出ちゃってます)蕎麦湯もちゃんと付いてきています。割子の向こう側に見える小さなお皿には紅葉おろしが載っていました。

一の割子

一の割子

一番豪華なのがこの一枚目。ネギ、シイタケ、かまぼこ、鰹節、アナゴ、海苔、錦糸卵、海老、パセリ。この海老がぷりっとしていてすごくおいしかった。あとシイタケですね。普通に甘辛く炊いてあるんですが、やっぱこれこれ! みたいな美味しさ。アナゴやかまぼこが載っているのは、ちょっと珍しいかも知れません。

二の割子

二の割子

二の割子は玉子。時々見かけますね。でも玉子というと、私は出石そばのイメージがちょっと強いかも。この割子になると、そばの感じがよく見えます。
少し短めで、ざらっとした感じの、香りの強い蕎麦です。蕎麦=つるつる、というイメージがある方はびっくりするかも。結構「食べ応え」のあるおそばです。

三の割子

三の割子

三枚目はとろろ。とろろは割と定番的な味かな。でも2枚目の玉子からのとろろだったので、やっぱり出石そばを思い出しました。個人的にはとろろってそばにすごく合うと思うし、好きな具材。三枚目にこれが来ることで、ラストまでさらさらーっと行くことが出来ます。

そばがき

そばがき

順番にいただいて、揚げそばがきをいただいて、デザート代わりにそばがき。あんと合わせてあり、しっかり甘く、おいしく食事を締めることができました。

千鳥割子 980円、玉子焼き480円

腹ごしらえをして、午後からのスケジュールにもばっちり。おいしくいただけたお昼ご飯でした。ごちそうさまでした!

にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村

如月ローズ如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ&料理研究家
現在岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top