トッピングでおいしく食べる韓国冷麺

韓国冷麺

暑い時期、氷を入れて食べる冷麺はおいしいものです。私もシーズン中はなんどもいただくメニュー。昨日も、日中のあまりの蒸し暑さに音を上げ、夕食は冷麺にしました。
冷麺、売っているだけの状態だと、麺とつゆ(と、せいぜい辛みペースト)くらいのことが多いですよね。何を載せよう? と悩むことも多いのでは?

昨日はほぼこれだけが夕食だったので、具材もりもりに作りましたので、ご参考までに…

具材

牛しゃぶしゃぶ肉
ゆで卵
きゅうり
キムチ
糸唐辛子
青ネギ

使った冷麺はこちらです。

ふるる冷麺

市販のものは生に近くなるほど高くなる印象です。こちらは私の食べた中で、一番コストパフォーマンスがいいなと思っています。麺はやや細めで、辛みペーストが入っていません。スープはかなりあっさりめ。でもトッピングにキムチを入れるので、このあっさりめのスープが逆に「飲めるほど」おいしいスープになります。

牛肉はしゃぶしゃぶにします。

牛しゃぶしゃぶトッピング用

少なめの水と少量の日本酒で、茹で上がったら冷水に取ると固くなりません(氷水に取る or そのまま にするとちょっと固くなってしまいます)
時間に余裕があれば、ゆで汁は捨てずに添付のスープを薄めるのに使うと、水でスープを薄めるのより味が良くておすすめです(アクは取ってくださいね)

ゆで卵は私は韓国冷麺に入れるときは固ゆでが好みですが、ゆで加減はお好みで。温泉玉子を使っても、また固ゆで玉子とは違った風味になります。

きゅうりは千切り。青ネギは今回は小口切りに。

きゅうりと青ネギ

青ネギは斜め細切りにしてもおいしくいただけます。今回は散らす気分だったので、小口切りに。
あとは市販のキムチと糸唐辛子。キムチは上で述べたように、この「ふるる冷麺」は辛味ペーストがついていないので、キムチを多めに乗せるか、少しキムチの汁も足します。これでしっかりめの味付けになります。
スープを薄めるときには、薄める水(もしくはスープ)をやや少なめにして、氷をひとかけら入れると、最後までキンキン冷え冷えのスープでいただくことができます。

これだけ具材を乗せると、しっかりメインになる韓国冷麺。暑い夜にぜひどうぞ。

農心 ふるる冷麺(水冷麺) 1人前

価格:138円
(2018/6/9 07:19時点)
感想(0件)

にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする