ボルシチの素で作るスペインの港で食べるスープ風


にんべんさんから、こういうものも出ているんだな~と思った今回の素各種。ボルシチの素を使って、体に美味しい鯖缶で、トマトスープを作りました。サバとジャガイモを崩しながら食べると、ほっとする美味しさです。

はじめに

サンプルをいただいて、「おいしそうだけど、レシピって難しいな~」と思ったのも本当の所。具材を変えるくらいだと面白くないしな~……とか。
でもパッケージを見てると、鯖缶で作りたくなってきたので、作ってみました。具材は鯖缶とジャガイモ、キャベツ。トマト風味のスープですが、フレッシュトマトを追加することで、酸味がいい感じに加わり、さっぱりしたおいしいスープになりました。行ったことないけど、私のスペインの魚料理のイメージはこんな感じ。

作り方

材料

2皿分
にんべん ボルシチの素 1つ

鯖缶(190g) 1缶
じゃがいも 中 1個
キャベツ 1/8個
トマト 中 1個

オリーブオイル 大さじ1
(つけあわせ)お好みのパン

下ごしらえ

ジャガイモは一口サイズに切ります
じゃがいもの下ごしらえ

キャベツは大き目のざく切りに。煮込むので、ちょっと大きいかな……というくらいのサイズの方が美味しいです。
キャベツ

トマトは櫛切りに

材料を炒める

鍋にオリーブオイルを入れ、じゃがいもを炒めます。今回火の通りにくいのはジャガイモだけなので、まずはじゃがいもに油がなじむまで、軽く火を通します。
キャベツを追加し、添付のハーブを加え、引き続き炒めます。

ハーブを入れて炒める

煮る

全体的に火が通って、キャベツが少しくったりしてきたら、水(分量外)を300ml入れます。にんべんさんの作り方は400mlとなっていますが、あとから鯖缶が汁ごと入ること、トマトも入るので少し少な目。

水を入れます

沸騰してきたら、鯖缶とトマトを入れて、さらに煮込んでいきます。

トマトを加える

仕上げ

ボルシチの素
にんべんさんのボルシチの素を加え、さらに煮込んで出来上がり。素を加えてからは、あまり煮込みすぎると風味が飛んでしまうので、5分くらいで抑えられるよう、その前の段階でしっかり火を通して、煮込んでおきます。結構しっかり赤いなーと思ったら、ちゃんとビーツも入っています。やっぱりこの鮮やかな赤(伝わりますか?)は独特ですね。
煮込んで出来上がり

お好みのパンをしっかりトーストしたものを添えて出来上がり。

パンは今回はサンドイッチ用の食パンをカリカリに焼きましたが、バゲットを焼いたり、ガーリックトーストなどでかなり美味しくできると思います。

トマトスープ

ポイント

鯖缶は栄養を逃がさないように汁ごと入れましょう。
また、トマトは私はあまり気にならないし、簡単な方が好きなので皮ごと入れていますが、よりちゃんと作ろうとか、皮が気になるという方は湯剥きをして入れると気になりません。
仕上がりが結構さらさらのスープになるのと、香りはやさしい感じなので、疲れた時などにも美味しくいただけそうです。この夏、ばててしまって食欲が復活していない方にもおすすめ。こんな温かいスープでしっかり栄養を取ったら、少しは回復できそうな気がします(というか、かくいう私もなんだか胃の調子が悪いのです/ということで、今回はワインは断念)

ワイン飲みたいな~ と思ったら、軽い白ワインなどが合いそうな味わいです。
魚とトマトの組み合わせ、夏の終わりにいかがでしょうか?

レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村

如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses