ビールが美味しいクリームチーズの豚肉巻き


レシピブログアワード2018に参加し、頂いたキリクリームチーズ、先日の朝食とほぼ同じような組み合わせながら、がらっとイメージの違うビールに合うおつまみに仕上げました。甘辛とコクのある味わいが、しっかりめのビールにもぴったりの味わいです。

はじめに

先日の朝食で作った「ごろっとクリームチーズのオープンサンド」が思っていた以上に美味しかったので、「これイケるんじゃなーい?」な感じになってしまって考えたのがこちらのレシピです。アボカドとクリームチーズ、豚肉、という所までは一緒、でも味わいはまったく違う感じになったのが、我ながら「面白いなー」と。料理ってこういうアレンジが楽しくてやってるっていう部分もありますよね。
味付けは例によって、すき焼きのたれ。一人暮らしだと、調味料あれもこれも持っておく、というのは結構しんどいと思うので、これあるといいよね、というものに絞ってご紹介したいと思ってますので、「またすき焼きのたれかよ」という突っ込みはご容赦ください(笑) いや、ホント、便利ですから!!

作り方

材料

一人分
キリ クリームチーズ 2ポーション
アボカド 1/2個
豚肉(しゃぶしゃぶ用)6枚
ミョウガ 2個

ごま油 小さじ1
すき焼きのたれ 大さじ2

(お好みで)七味 少々

下ごしらえ

キリクリームチーズは1本を3等分に、拍子木のような形に切り分けます。
アボカドも同じくらいのサイズになるように、種と皮を取ったら拍子木切りに。
ミョウガは縦半分にして、千切りにします。

下ごしらえ

巻く

豚肉を広げ、その上にクリームチーズ、アボカド、ミョウガを載せ、端から巻きます。

豚肉で材料を巻きます

焼く

フライパンにごま油を入れ、弱火で加熱を開始します。フライパンが温まったら、上で巻いた豚肉を「豚肉の最後の部分」が下になるように置いていきます。

焼く

この時、うっかり違う所を下にしちゃうと、そこから縮んで、せっかく巻いたものがほどけてしまうので注意してください。また、この「巻き終わりを下にして焼く」ことで、特につなぎのようなものもいらず、しっかり「お肉が焼けて縮む」ことで、ほどけることもなく留まります。

味付けする

しっかり巻き終わりの部分が固まったら、箸でゆっくり順番に回して(あまり触らない)全面を焼いていきます。もともとクリームチーズもアボカドもミョウガも生でも食べられるものなので、豚肉の部分だけがしっかり焼ければ大丈夫です。
焼けたら、すき焼きのたれを入れます。

すき焼きのたれを入れる

ここで火を強めて、煮詰めながら、豚肉に絡めていきます。適度に豚肉にまとわりついてくる感じになれば出来上がり。少したれが残ると思いますが、これはお皿に盛り付けた後に、上から回しかければOKです。

出来上がり

ビールに合う

甘辛い味付けが、ビールにぴったりです。特に、これからの時期、秋の夜長に飲みたくなる濃色系ビールには、豚肉のうまみとクリームチーズのコクがよく合います。
夏場にはさらっとした味付けのものがどうしても多くなってしまいがちですが、ふと夜風に秋を感じたら、こんな「しっかりこってり」味も一皿に加えてみてはいかがでしょうか?

レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses