スパークリングワインにぴったり 魚のフライにさっぱりエスニックソース

エスニックソース

お惣菜コーナーでサンマのフライを見つけました。アジフライはフライ物の定番ですが、サンマはこの時期ならではですね。ちょうどスパークリングワインを飲みたい気分で冷やしてあったので、ソースを合わせて作ろう! ということで作った、少しエスニック風味の野菜たっぷりのソースです。

はじめに

野菜を刻んで混ぜるだけの、簡単ソース。いわゆるサルサソースに近いのですが、トマトも使ってないし、青唐辛子も使ってないので、サルサ、というには(今の日本でのサルサのイメージだと)ちょっと違うかな。
味のポイントは玉ねぎとスイートチリソース。少しナンプラーも加えることで、本格的エスニックな味わいになります。

作り方

材料

1皿分
きゅうり 1/2本
紫玉ねぎ 1/4個
ハーブ(お好みのもの) 刻んで大さじ1

スイートチリソース 大さじ2
合わせ酢(市販のもの) 大さじ1
ナンプラー 少々(香り付けなのでお好みで)
ライム果汁 大さじ1

材料を切る

きゅうりはさいの目に切ります。
きゅうりを切る

紫玉ねぎは粗みじん切り
紫玉ねぎは粗みじん切り

ハーブ(今回は家にあったバジルを使いました。フレッシュタイプのものならなんでも合いそうです)は細かく刻みます。今回はバジルの大き目の葉を4枚使いました。

ハーブとともに

混ぜる

材料をボウルにいれて、調味料を入れ、混ぜて出来上がり

材料と調味料を混ぜる

白身魚、青魚のフライに

出来たら後は掛けるだけ。
さんまのフライに載せて

魚のフライとして売っているものなら、多分何にでも合います。チキンにも。ファミチキにもかけてみましたが、ファミチキは衣に味が付いているので、ちょっと濃かったですね。
パン粉で、衣に味がついていないフライなら、このソースで美味しくいただけます。アジなどはよく獲れるときはよくフライが「お買い得」になっていますが、こういったソースを掛けるだけで、しっかりメインのおかずや、酒の肴になります。見た目もさわやかできれいな色合いなので、食卓が華やかに。

スパークリングワインに合う

スイートチリソースは、分量的には多いのですが、味わいとしては軽い酸味が特徴。スパークリングワインには「かりっとした衣」と「甘酸っぱい」味付けとなって、よく合います。
フライ系は市販のソース(ウスターやとんかつなど)を掛けてしまうと、スパークリングワインにはヘビーになりすぎて、タルタルソースだとおかず感が強すぎて、なかなか「ワインに合う」という感じにならないのではないかと思いますが、そういう時に、このソースの出番です。

by カエレバ

ころものサクサク感と、野菜のしゃきしゃきした感触は、特にスパークリングワインのさっぱりとした味わいに合わせやすいんです(辛口~やや辛口まで)
いつものおかずも、ソースを工夫して、ワインと一緒にちょっとおしゃれな感じに。作るのも切って混ぜるだけなので、簡単に、あっという間に出来上がり。水分が出てしまうので、食べる直前にぱっと作ってぱっと食べるのがおすすめです。ちょっとワインな気分の夜に、ぜひどうぞ。

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

アバター如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses