本当に疲れた日のインスタントで作るミルクラーメン

ミルクラーメン

仕事が遅くなった、ぐったり、食欲がない……基本自炊であれこれ作るのが好きな私ですが、もちろんそんな日もあります。いつでも全部手作り、自炊、なんてやってられない(そりゃ、それをできるスケジュールや仕事をキープするのが理想なんですが)ってこともあります。それは仕事をしていれば、大なり小なり、そんなものなのではないでしょうか。
そんな日に作る、インスタントラーメンを使ったほっとするミルクラーメンをご紹介します。

はじめに

内定者研修からの(実はその最中にもその裏側で)チラシの締め切りや怒涛のPOP作成の積み重ねで、連日遅いわ、冷蔵庫の中にはたくさんのものがあるようで、どれも「調理しなければ食べられない」わ、一応遅めになった時の便利な食材は(多分)人よりはたくさん在庫してるはずだけど、そもそも食欲もない。
そんな状態だった昨日、久しぶりに作ったのが、この「サッポロ一番塩ラーメンを使って作るミルクラーメン」です。
ステマじゃないよ。食べてみて、サッポロ一番塩ラーメンがもともとのレシピ(何かで読んだ)に載ってて、確かに一番それがぴったりなので、ずっとそれで作ってる、それだけです。

ミルクとかきたまのやさしい味わいに、ちょっと多めのネギ、あれば粗びきソーセージなどを入れると、いい感じにうまみが出て、ほっとする味わい。

作り方

材料

一人分
サッポロ一番塩ラーメン 1袋

牛乳 100~200ml(お好みで) *1
ネギ 1本分
玉子 1個
(あれば)あらびきソーセージ 数本

バター 1かけら
七味 もしくは ラー油 お好みで

*1 牛乳はこれ以上入れると、こびりつきやすくなりますので、この範囲がおすすめです。

下ごしらえ

ネギは小口で細く切ります。
ネギ

その他の食材もそろえておきます。玉子は割って、ほぐしておきます。

ラーメンを作る

牛乳と水を足して、分量通りになるように量り、あらびきソーセージを入れて煮立たせ、あとは普通に作ります。
牛乳を入れて麺をゆでる

麺が茹で上がったら、一旦火からはずして、添付のスープを入れます。
ゆでた麺

スープが溶けたら、再びコンロの上に戻し、溶き卵を加えます。
溶いた玉子を回し入れる

再度ふわっと煮立ったら出来上がり。

もりつける

ラーメン丼に移し、ネギとバター、七味かラー油をかけて出来上がりです。添付のごまも、ぜひどうぞ。
ミルクラーメン

思い出の味

このラーメンの元の味は、一つは松江に住んでいた時に飲み会の最後で食べたかきたまラーメンです。
美味しくて、こんなラーメンもあるんだ! と思っていたところに、サッポロ一番のアレンジレシピ、みたいなものの中に、かきたまラーメンがあり、たしかに美味しかった。
さらに、同じ頃だったか、もしかすると同じレシピ本(だった気がするのですが、ネットかも)にミルクラーメンのレシピがあり、この二つ、組み合わせたらおいしいんじゃない? と思った所からの、好きなのでバターもいれる、ということで、このラーメンになりました。
全体的に「食欲がない」という割にはボリュームがある味、こってりした感じの味なのでねぎは多めに、がポイントかも。

オーストラリアにホームステイしていた時には、どうしても日本のインスタントラーメンが食べたくなって、チャイナタウンにサッポロ一番塩ラーメンが売っていたのを買って帰って(1個400円くらいしました)作ったのも懐かしい思い出です。
また、今回は使っていませんが、冷凍のカーネルコーンなどがあると、粗びきソーセージと同じタイミングで、大さじ1~2杯分入れても、これはこれでとても美味しくなります。

サッポロ一番シリーズは味がシンプルで、スープも粉末が一袋だけ。使いやすく、アレンジもしやすいラーメンです。ぜひいろいろな「あなただけのラーメン」をお試しください。

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村

アバター如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses