贅沢ブランチにいわしのサンドウィッチを

いわしのサンドウィッチ

昨日はお休みだったので、しっかり朝食ということで、サンドウィッチを作りました。作り置きのいわしの酢漬けを使い、時間も遅かったのでボリューミーなブランチに。
彩りも味わいも満足な、ゆたかな朝食となりました。

はじめに

ご紹介してきているいわしの酢漬け、北欧の方でも同じような料理があり、結構使われているようです。いわしは世界各地で食べられていますね。
イメージとしては、そういう北欧朝食というか、そういう感じで作ってみました。サンドウィッチの具に、動物性の素材を使うと、ちょっとリッチな感じになるような気がします(スモークサーモンや生ハムが代表格ですね)そんなイワシの酢漬けのサンドウィッチ、シンプルですがレシピです。

作り方

材料

1つ分
パン(今回は石窯パンのスライスを使用) 2枚

いわしの酢漬け 1匹分(2枚)
レタス 少々
アボカド 1/2個
玉ねぎ スライス 少々

バター 4g(2枚にしっかりぬれるくらい)
マヨネーズ 大さじ1
マスタード(粒)小さじ1/2

(お好みで)具沢山オリーブオイル *1

*1 一つ前の記事参照

先日「作った」と書いたいわしの酢漬け。 これの中で、大阪でいただいたタパスをご紹介したのですが、これ、白ワインでも美味しかった...

下準備

玉ねぎはスライスしておきます(なるべく薄く)
レタスは洗って水けを切り、小さめにちぎる
アボカドもスライスしておきます。

パンを軽くトーストし、バターを塗り、マヨネーズとマスタードを混ぜたものをその上から塗ります(2枚とも)

サンドする

パンに、レタス→アボカド→いわしの酢漬け→オニオン→具沢山オリーブオイル の順で載せ、挟んで出来上がり。

いわしのサンドウィッチ

今回は、中身が見えるように、上のパンをかぶせずに写真を撮っていますが、食べるときはしっかり挟んで、しっかり握って食べます。
具沢山なのでかなり大きな口を開けて食べないと、こぼれてしまいますが、パンをしっかりめのものにすることで、中身の具材にまけないバランスとボリュームに。

ベーコンエッグと一緒に食べたので、朝からすごいボリュームになってしまい、結局ブランチになってしまいましたが(お腹が減らなくて、昼食を抜いた)とても満足な贅沢ブランチになりました。

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村

アバター如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses