シーズニングを使って簡単 香り豊かなタンドリーチキンライス

タンドリーチキンライス

シーズニングミックス、簡単に本格的な料理が作れるのが魅力ですが、二人分などになっていて、一人暮らしだと使いにくいこともあります。そんな時には主食と合わせて一品。
今回はタンドリーチキンの素を使って豪華なチキンライスに。エスニックな風味がお米にしみこみ、しっかり美味しい一皿です。

はじめに

今回参加したスパイスブログの企画、対象品の3品に加えて、サンプルとしていただいたのがGABANシーズニングのタンドリーチキンでした。
ワインのおつまみ料理レシピ

ワインのおつまみ料理レシピ  スパイスレシピ検索

二ついただいていたので、一つをまずはスタンダードに作ってみていただいた時に、あ、これごはんに合わせたい~~ と思ったので、チキンを減らして、チキンライスにしてみました。
玉ねぎとパプリカの甘みを加え、具材はぜいたくな感じに。バジルを少し添えて、風味も豊かに。
本格的で美味しい一皿の出来上がりです。

作り方

材料

1皿分
鶏モモ肉 120g
GABANシーズニング タンドリーチキン 1袋

玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
ごはん 1膳分
バジルの葉 3枚

オリーブオイル 大さじ1
ウスターソース 少々
塩コショウ 少々

下ごしらえ

鶏モモ肉は一口サイズに切り、タンドリーチキンの素と水大さじ1(分量外)と共に密封袋に入れ、よくもみこみます。
下ごしらえ

玉ねぎとパプリカは同じくらいの粗みじん切りにしておきます。
粗みじん切

鶏肉を焼く

フライパンにオリーブオイルを熱し、漬け込んだ鶏肉を皮目から焼いていきます。最初皮目側をしっかり焼いて、反対側に返したら火を小さくして、蓋をして蒸し焼きにします。
鶏肉は蓋をして蒸し焼きに
鶏肉にしっかり火が通ったら別の器に取り出します。この時、余分についているシーズニングミックスはフライパンの中に残してください。

チキンライスを作る

そのままのフライパンで火を再び強め、玉ねぎとパプリカを炒めます。
そのまま玉ねぎとパプリカを炒める

玉ねぎが半透明になってきたら、ごはんを追加し、炒め合わせます。
ごはんを投入し炒め合わせる

残ったシーズニングミックスが全体になじんだら、塩コショウ少々を追加します(味を見て、調整をしてください)
ウスターソースを鍋はだから少々加えて、香りを立たせたら、再度混ぜて、なじんだら出来上がりです。
シーズニングがなじんだら出来上がり

器に盛り、取っておいた鶏肉、バジルを飾って完成。
完成

ポイント

一皿にしてはチキンの量がやや多めの分量になっています。少しリッチな感じ。チキンの量を増やせば、塩コショウとウスターソースを少し増やす、減らせばタンドリーチキンの素だけでOKのような気がします。
フライパンでチキンを焼くときに弱火で蓋をするのがポイント。元々チキンの量が少な目で味が濃い目なので、蓋をして蒸し焼きにすることでしみこみ過ぎず、適度にシーズニングミックスがフライパンに残ります。
出てきた鶏肉の肉汁もしっかりごはんや玉ねぎにしみこんで、美味しくいただけます。

一皿で満足なボリュームの具沢山チキンライス、とても満足な夕食になりました。

本日もお読みいただきましてありがとうございます。

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村

アバター如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses