脾臓肥大

骨髄繊維症という病気は、あまり重篤な症状はありません。

もちろん病気は病気ですから、症状はあるわけですが、今の私を病気とか知らない人が見たら、どこが悪いの?とびっくりすること間違いなし、って感じなんですね。

ちなみに以前の「血小板増多血症」の時は薬を飲んでいたんですが、骨髄繊維症になったらそこらへんが……なんか……なくなってしまって、今薬も飲んでない……

正直、もう3ヶ月くらい血液抜いてないんで、不安は不安なんですが、こればっかりは仕方ないですね。

で、タイトルに戻って……

骨髄繊維症の主な症状に、貧血と脾臓肥大があります。

骨髄繊維症は骨髄が繊維化することで、造血細胞が追い出され、骨髄以外のところで血液が作られてしまうんです。
で、当然「しかるべき場所で作られてない」から、質が落ちてくる→貧血(他にも色々ありますが割愛)
どこで作るようになっちゃうかと言うと、肝臓や脾臓。

肝臓は言わずと知れた臓器ですが、脾臓は……
この病気になるまで、名前しか知りませんでした。

1月にエコーを撮ったとき、脾臓が肥大してますね~と言われました。
5cm×12cmくらい、と言われたんですが、それがどの位大きいのかも分からない。
なんでも通常(健常)は2cm×3cmくらいだそうです。それが5cm×12cm……

え、それってかなり大きいんじゃないの? と動揺する私に先生は一言。
「うん、まだ全然大丈夫。どうしようか、って考えなきゃいけなくなるくらい大きい時って、へちまくらいになるから……」

……えー。
そんなになっても、まだ「どうしようか」ってくらいなん?
そして……脾臓肥大でネットで検索しても、あんまり「これ」っていう症状は出てこないんですよね。
(興味がある方、調べてみてください)
上で書いたような内容が出てくる。そしてやっぱり血液関係のトラブル……

そして貧血。かれこれ10年を越えて、いわゆる「血液検査をしたら貧血ですねと言われる数値」が続いてますが……
朝礼でバタ、とかしたことないです。
あ、立ちくらみは少しあるのかなぁと思いますが……

ちなみに貧血に関してはもう一つ、子宮筋腫。
筋腫、あるんですよね~。昨年のがん検診では少し大きくなってるとのコトでしたが、1年に1cmくらいずつ?
とは言えこれも……

いわゆる月経過多とかが心配されるところですが(貧血に輪をかけてひどくなりそうなものですが)、私全然それがない。多分平均より軽いです。
サイクルが少し平均より短いかな~ってくらい。

ということで。

検査とかすると、とても健康とは言えない。でも、生活には何の支障もない。
ラッキーなことです。ここらへんが、難病ではなく、稀病と思うわけですね。

あ、ふと思った。年間の発症が結構少ない病気なんですが、気付かない人って意外に沢山いるかも、とふと思いました。どうなんでしょうね~?
繊維症でも、もっと急性な症状が出ることもあるのでしょうか(白血病への変異を除く)……

そしてもう一つ気になることが。
脾臓って、左の肋骨の下の辺りの奥にあるらしいんですが……
ウエスト締めるときに気になる……ベルトとか、ぎゅっと締めてしまっても大丈夫なものなんだろうか……
いや、締めないでいいっちゃぁあいいんですが、やっぱりそこはそれ、女性ですからウエスト細く……とか思うとついついベルトとか、結構締めちゃうんですよね~。
バカバカしいと言えばバカバカしい質問なので、先生に聞けない私。次こそは聞いてみよう……

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする