石垣島の思い出のイカ入り豆腐ようを作ってみた

自家製イカ入り豆腐よう

昨年の秋に石垣島に行ったときに、辺銀食堂で頂いたイカ入り豆腐ようがとても美味しかったので、見よう見まねで作ってみました。
ずいぶんと課題も残ったけど、実は今回は2回目。前回はとても「できた」と言えるものでもなかったんですよね。
やっぱり、辺銀食堂さんってすごいなぁとあらためて思った今回。

ちなみに辺銀食堂で頂いたのは、こんな感じです。

もうね、見た目のきれいさからして、違うよね。
でも美味しかったものを思い出しながら作ってみるのって、めっちゃ楽しいです。
試行錯誤も楽しいし、楽しかったこと、思い出すのも楽しいし。

今回は白イカの刺身を買って、それを豆腐ようの汁で一晩漬けこみ、水気を抜きました(前回、これをせずにびしゃびしゃになった)
で、裏ごしした豆腐ようと和えてみた(前回、裏ごしせずに、ダマダマが残った)

この二つで、大分近くはなった。なったんですよ!?
でもやっぱり違うんだなぁ……
あとはイカのサイズ感と、ペースト状になった豆腐ようの味と食感だな。

とはいえ、豆腐ようは珍味としては本当に美味しく、日本酒(某原酒をいただきました)にもばっちり。あ、もちろん泡盛にも合うんだろうなと思います。
見た目、普通のイカの塩辛みたいになりましたが、味わいは本当に深く、いい味でした。

あ、これ食べながら思ったんですが、ワサビ漬け(粕漬けの方)にイカを合わせても美味しいかも知れないなぁ。
またどこかで試してみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top