鶏チャーシューで夏の名残のピリ辛そうめん

鶏チャーシューそうめん

レシピブログアワード2018の2品目、ミツカンさんの味ぽんを使って作った鶏チャーシューのアレンジは、冷たいそうめん。作ってる時から「これ、ぜったいピリ辛が合うやつやん!」っていう感じだったので、素直にその欲求に従ってみました。酸味とピリ辛の風味がばっちりです。
きゅうりと白髪ねぎ、一緒に漬け込んだ玉子と一緒にいただくことで、適度にボリュームのある一品となりました。

はじめに

ミツカンさんの味ぽんが入っている、と最初に見た時は実の所「いまさら?」という気分もありました。というのも、私は「ポン酢しょうゆと薄切り肉でささっと簡単酢豚」も書いたことがあるように、結構「使い倒している」感じがあったんですよね。と言っても他の家庭でどのくらい使われているものかというのは知らないですが(笑)
味ぽんと言えば、ポン酢業界(?)の断トツ人気商品、味ぽんで「ポン酢」というものの存在を知ったという方も多いのではないかな? というくらいの大物です。

で、よく読むと「鶏チャーシューのアレンジを」とのこと。うわぁ、ミツカンさんも未だに色々工夫してるんだな、というのが率直な感想でした。
鶏チャーシュー、ま、言われたとおりに作りましたよね。想像以上に簡単でしたよね。フォーク刺すとき、豚バラブロックの感覚で刺したら、鶏肉柔らかすぎてちょっとびっくりしましたよね。煮てる間「うわ、これ中華料理屋さんのにおいじゃん」っていう感じの香りが台所に立ち込めて、ちょっとその香りにやられましたよね。
後は胸肉だったから、硬くならないかなー、というのが唯一の心配でした。
そんな鶏チャーシューの作り方はこちら。

さっぱり鶏チャーシュー
ということで、アレンジの鶏チャーシューそうめんの作り方です。

作り方

材料

一人分
さっぱり鶏チャーシュー 70g
ゆでたまご 1個

そうめん 1把
白ネギ 5cm
きゅうり 1/3本

そうめんつゆ(ストレートタイプ) 100ml
ラー油 小さじ1

(飾り用)糸切り唐辛子 適量

下ごしらえ

鶏チャーシューは、薄く削ぎ切りにしておきます。玉子は半分に(玉子は茹で卵を出来上がった鶏チャーシューの密封袋に一緒に入れておきました)

鶏チャーシューと玉子
ネギは縦に細く切り、水に浸けておきます。

白髪ねぎ

きゅうりは千切りにして、軽く塩をして、水分を出します。しんなりしたところで、キッチンペーパーで軽く絞って、水分を取っておきます。

きゅうり

そうめんを茹でる

そうめんを茹で、しっかり水で締めます。茹で方はこの記事を参照。
そうめんの帯の違いを知っていますか~揖保乃糸の場合

盛り付ける

そうめんを器に入れて、具を盛り付けます。チャーシュー、玉子、白髪ねぎ、きゅうりを載せたらそうめんつゆを上から回しかけ、さらにラー油を回しかけます。
糸切り唐辛子を飾って出来上がりです。
出来上がり

ポイント

そうめんは氷を使ってしっかり冷やすのが美味しさのポイントです。また、つゆもしっかり冷やしておきます。
ゆでたまごは、包丁で切ると、黄身がくっついて汚くなってしまいませんか? そういう時には糸で切るのがおすすめです。あまっているミシン糸などで、きれいに切ることが出来ます。
今回、出来上がった鶏チャーシューを保存する密封袋に一緒に入れて味付けもしてしまいました。

味付け玉子

今回は、全体的に中華よりではなく、そうめん寄りにあっさりした具材にしましたが、味付けしたもやしや、メンマなどでも美味しそう。
一つの器に盛るそうめんは、簡単に栄養も取れるし、色々な具材を載せることで、味わいも楽しめます。

残り少しの平成最後の夏、鶏チャーシューそうめんで乗り切りましょう。

レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村

如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする