濃色ビールに合う お惣菜のとんかつの簡単アレンジ

カツのチーズ焼き

この3連休のあおりで、仕事が前倒し、一昨日は帰宅が22時に。夕食を作る気力はなく、すぐ食べられる「家にあるもの」と、コンビニで済ませ、昨日は「食べなきゃいけないもの」と、それだけだとちょっと足りなかったので惣菜のとんかつ(安かった)を買って帰りました。
とんかつやチキンカツ、そのまま温めて食べてもいいのですが、チーズでひと手間、ビール(特に最近のクラフトビールや濃色ビール)によく合う簡単なおつまみになります。

はじめに

基本、なるべく自炊、手作りを心がけている私ですが、これは惣菜で買って帰るなーというものの一つに、揚げ物があります。特にカツ類。天ぷら(盛り合わせやかき揚げなど)も。あ、あとたくさんの具材が入ったサラダは、家でちょっとだけ作るって難しいので、買うことも多いかも。
そういう「ちょっとだけ作るには」というおかずを食べたくなった時には、やはりお惣菜を買って帰るのはありだと思うのです。

でも、カツとか、レンジで温めてそのまま……とかはちょっとなー、と思ってしまうのも事実。特にお酒と一緒に楽しみたいな、と思っている時には強くそう感じてしまいます。
ということで、温めるにもちょい足しで、チーズをのせて焼くと、ビールや、軽めの赤ワインによく合いますので、ご紹介。
アレンジというのにもアレな簡単さですが、他にいい言葉が見つからなかったので(笑)

作り方

材料

一皿分
市販のとんかつ 1枚

チーズ 好きなだけ
ソース 好きなだけ
(スイートチリソースもおすすめ)

切って温める

トンカツを切る

トンカツは温める前に切ってしまいます。一度温めてから切っても良いのですが、やけどが怖いのと面倒なので、先に切っておいた方が楽です。
クッキングシートに敷いて、オーブン、もしくはトースターで、アツアツになるまで温めます(やりすぎると、スカスカになるので注意)

チーズをのせる

温めたら、一旦取り出し、上にチーズを掛けます。
チーズをのせる
とけるチーズのシュレッドタイプがおすすめ。今回は少し前に紹介した「かけちー(かけちーを見つけたので買ってきました)」を掛けたので、ちょっととろける感じにはなりませんでしたが、チーズの色がとてもきれいに。

お盆の連勤が終わり、ようやくのお休みです。一昨日勤務が終わってから、勤務していたお店で買い物をして帰りました。例によって寿司にしようかと思っ...

さらに温める

さらにチーズが溶けて、いい感じに焼き目がつくまで(お好みで。すでに中まで温まっているので、とける程度でもOK)さらに温めます。

ソースを掛ける

焼きあがったら、ソース(とんかつソースかウスターソース)を掛けて出来上がりです。
ソースを掛ける

このソースをスイートチリソースに変えても、チーズとよく合って、とても美味しい。とんかつソースやウスターソースだとややスパイシーな感じに、スイートチリソースだと辛味はアクセントで、甘みも感じる少ししゃれた感じの味になります。

ビールやワインに

ソースのスパイシーな感じ(少しヒリっとした辛さ)はビールによく合います。チーズや肉のコク、味の厚みも、この時期美味しくなる濃色ビールにぴったり。
またとんかつではなく、チキンカツで作っても美味しく出来上がります。チキンカツの場合は、皮がついていることも多いと思うのですが、一度目の所で、この皮がかりっとするくらいまで温めておくのがポイントです。

スイートチリソースにした場合には、ふくよかな白ワイン、やや甘みのあるロゼ、軽めの赤などによく合います。あと1か月ちょっとで年に一度のお祭り、ボジョレーヌーヴォーの季節がやってきますが、ボジョレーヌーヴォーともとてもよく合う、少しスパイシーでジューシーな味わいになります。

スーパーのお惣菜も一工夫で、ちょっとしゃれたおつまみに。なかなかいい感じの秋の夜長に。

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする