世羅高原にダリアとバラを撮りに行ってきました

世良高原

昨日はお休み、それも……最近「予定のない休日」の旅に雨が降っていたのですが、台風も去ったことだし、曇りっぽいけど青空も見えそう、ということで久しぶりに花を撮りに出かけました。
毎年自分で撮った写真を使ってカレンダーを作っているのですが、その写真もそろそろ使いまわしが多くなってきたこともあり、新しい写真が欲しくなった、という理由もあります。

はじめに

もともと、旅行の度にあれこれ写真を撮るのが好きだったのですが今の会社に入社して、一人津山にやってきてから、ミラーレス一眼を購入、しばらくはまっていた時期がありました。その時に見つけた楽しみが、カレンダーづくり。
カレンダー

今回この記事を書くにあたり、引っ張り出してみたら2011年からありました。すごいね(笑)
で、このカレンダーは一年間、職場の私の机に飾られて、あとはこうやってストックになって行ってるんですが、一枚一枚愛着や思い出のある写真を机に正々堂々と飾れて、なかなかいい感じです。

で、このカレンダー、もちろん私が撮った写真で作るんですが、四季が……なかなかむつかしいんです。やっぱり真夏とかにはあまり出かけられてなくて、結局春や秋に撮った海の写真でごまかしたり。という中で、花の写真は、割と季節感が出つつ、ものによってはシーズンが長かったりして、ピンチを救ってくれるので、使いやすい素材です。
ということで、今回もともと行ってみたかった 世羅高原、調べたら「ダリア祭り」「ローズフェスタ」と2本もやってるっていうことで(会場は別の所です。車で5分ほどですが、入場料なども別)車を走らせ行ってきました。

世羅高原農場

一つ目がダリア祭りの会場、世羅高原農場です。入場料は800円。ただ、今回チケットはローズフェスタとW入園券があり、それだと800円×2で1600円の所を1300円になるので、そちらを購入。
朝の10時に出発して、正午過ぎに到着、朝は人がずいぶん多かったみたいでしたが、ちょうど昼に出る人が多かったようで、駐車場は入園口から遠い方はみっしり詰まっていましたが、入園口に近い方が空いているという状況でした。

ダリア前日の夜に雨が降ったのか、下は少し湿っていましたが、さすが高原、涼しい……とおもっていたら、日が差すとかなり暑い。半袖のTシャツと、長そでの綿のカーディガンで行っていたのですが、結局その日、カーディガンを脱いで、次に着たのは帰りの車の中、SAで休憩したときでした。

カメラはパナソニックのミラーレス一眼(Lumix DMC-G6)標準レンズと、マクロレンズ、先日買ったCanonのPSG9X―MarkⅡ(「ブログをあれこれ設定しました」参照)を持っていきました。
今回、カメラについてはこのCanonが花とか景色とか撮ったらどうなるんだろう、というのが一番気になっていたところだったので、これだけで行くかなと思っていたのですが、それでも多分ダリアとかバラって、絶対マクロレンズ使いたくなるし、と思ってミラーレス一眼も持っていきました。

ちなみにタイトルに使っているものも、このすぐ上の写真もキャノンで撮った方。なかなかいい感じに撮れるし、F値が2.0とかなり明るめのレンズなので、背景もよくぼけてくれてます。

ダリア マクロレンズ

ちなみにこちら→ がミラーレス一眼にマクロレンズで撮ったもの。
やっぱりさすがの迫力が出ます。上で「ダリアとかバラとか」と書いたのは、私、花弁の重なっている所の色が変わる花(伝わりますでしょうか?)が大好きで、そういうのをじーっと眺めてると、少し不思議な気分というか、癒されるんです。

さらに今回思ったのが、斑入りとかも好きだなぁと。全体的に「多弁、大輪、カラーチェンジ(斑入り含む)」が好きな条件のようです。
また、色は以前は赤とか茶色とか、濃い色が好きだったのですが、今回はオレンジ色とかで「いいなぁ」と思うものも多く、色の好みも年齢によって変わってくるんだな、とかそんなことを考えた一日でもありました。

水滴も

前日の雨のしずくもまだ残っていて、この辺りも写真を撮るときにとても素敵な雰囲気になります。こういう風に下に残ってるのは珍しかったですが、花弁の上などにも結構残っていました。

昼食はカレー

昼食

昼食は、ちょっと遅め(人が多いだろうなと思ったのでずらしました)に。ダリアカレーというのがあって、食べてみたかったのですが(ダリアの花の形に盛り付けてある)白いご飯になります(本当は人参ライス)と言われたので「広島産カキ」を使ったカキフライカレーに。
東城ICで降りてフレスタさんに寄った時にも思ったのですが、広島の一番北東よりのエリアなんですが、しっかり「広島文化」なんですよね。

ローズフェスタに移動

昼食をとった後は、世羅高原花の森に移動し、ローズフェスタへ。Wチケットを出したところ「二つとも回ってもらってありがとうございます」と言われ、うまく返せなかったのですが「いやいや、こちらこそありがとうございますです」って思うくらい、ダリアも、バラも綺麗に咲いていました。

バラ

ネットの情報では3~4分咲とのことでしたが、見ごたえは十分。最初ガーデンに入った時はあまり香りがしなくて「あれ?」と思ったのですが、ガーデンの真ん中あたりにベンチがあり、その辺りではとてもよく香っていました。
香りの強い弱いがあるようで、入り口付近にはあまり香りの強いものは植えてなかったのかな?(確認はしていません)

モノクロームのバラ

こちらでは、主にキャノンのカメラの効果をあれこれ試してみたり。上の写真は「ラフモノクローム」というモードで撮影したものです。ミラーレス一眼の方にもモノクロームは付いているんですが、それと比べてみたり。

ソフトフォーカス

ソフトフォーカスモード。これは雰囲気は出るけど、実際にマクロレンズにそういうフィルターを(物理的に)付けた方が、やっぱりきれいなのは仕方ないのかな。
でも、こういうシーンモードが多彩&凝った感じになってきて、面白い写真がたくさん撮れるようになってきたのはやっぱり技術の進歩なので、楽しんで使いたいと思います。

おやつはパンケーキ

カフェで
ローズフェスタをぐるりと回ったら、最後はカフェでおやつ。ピオーネとアイスクリームの載ったパンケーキ、ローズアイスティをいただきました。

3時過ぎですが、まだまだ暑く、アイスクリームがどんどん溶ける(まぁそういう料理でもあるんですが)
ここで少しのんびりして、ゆっくり帰路をたどりました。

今回キャノンの新しいカメラを持って行ってあれこれやったわけですが、そもそもこのカメラ、「明るさ(F値2.0)」と「接写(5cmまでOK)」で選んでいるので(料理に寄って撮れる、室内でも美味しそうに撮れるカメラが欲しかった)、考えてみれば花の接写に、この条件が合わないわけがない! ということで、いい買い物をしたなーとあらためて。
食べものに掛けるフィルターなどは、iPhoneでもいいのがあるのですが、やはりちゃんとしたカメラ(コンパクトカメラですが)ならではの撮れるものがあるんだな、と改めて感じた一日になりました。

如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする