抽象を愛す 医者は患者の何をみているのか――プロ診断医の思考 國松淳和

医者は患者の何をみているのか

寒波に身も心もやられながらも、日々読書とかしています。ちょっと前に読了したのだけど、読み終わった後しばらく興奮状態で、うまく言葉に出来ないまま過ぎていたのが、こちらの國松先生の「医者は患者の何をみているのか」です。

医者は患者の何をみているか プロ診断医の思考 (ちくま新書 1532) [ 國松 淳和 ]

価格:880円
(2021/1/12 17:08時点)
感想(0件)

國松先生を知ったきっかけ

多分……。
はっきりと記憶にはないんですが、多分、ヤンデル先生がらみ。
名前は知ってた気がするけど(シャムズ、の先生という記憶がある)SNS医療のカタチのYouTubeに出られたのが、はっきり記憶に残っている最初です。

いやもう、このタイトル画像からして不穏ですし、しかも冒頭、ご自身で「もやっとするかも」とかって始まって、それまでのこのSNS医療のカタチの雰囲気とはずいぶん違ったわけですよ。

で、ご本人出てこられたら、臨床の内科の先生だというけど、髪の毛ぼさぼさで長いし。このタイトル画像は不穏だし(大事なことなので二度言った)

と思ったら、話が面白い。マジか。

クセがある

以前にヤンデル先生の本をご紹介した時にも、そういうことを書きましたが、この「医者は患者の何をみているのか」については、もっとクセが強いです。
ヤンデル先生の本の記事はこちら↓

最近、食べ物の話が書けてないですね。っていうのも、お腹の調子がイマイチぴんと来ない、というか、ま、食べれないもの沢山あるしー。食べれるもの...

第2章くらいまでは、ですね、「お医者さんの書く文章」っぽさが結構あります。丁寧で、親切で、分かりやすく、論理的。

うん、……うん、という感じで読み進めていきます。が、あれ? と思い始めるのが第3章くらいからです。

目次は見てはいけない

目次を見てから、本を読む方っていらっしゃいますかね。私は見る時もあるし、見ない時もあるんですが……この本、目次を見ずに、素直に頭っから「ふーん」「なるほどー」「あぁ、なんとなく分かる……かな?」と思いながら読むのがおすすめです。

というのが、目次って、章の内容を端的な言葉で書いてあるものじゃないですか。と、ですね、めちゃくちゃ表現が「難しい」表現になっていて、多分「怖気づいて」しまう。

特に、私が一番笑いながら「わー」と思って読んだ(多分國松先生も、この辺りから本気で「書きたいように書いている」と思う)第4章なんかですね、鳥瞰的視野と顕微鏡的視野、とか肉芽腫性とか酵素欠損とか、……そんな言葉が並んでいるんですよ。
挙句の果てに6章は「4次元」とか……

先に目次を読んでたら、「無理、私には無理」って、思ったと思う。
でも、実際に一つずつ、順に読めば、まぁ……分からないけど、分かる。同じようには考えられないけど、どうやら「私の現実世界とは違う世界がそこにある」ということは分かる。

「お医者さんの診断」において、何が行われているのか、そもそもお医者さんというものが「ブラックボックス」だと思っているような(思ってたんです)私でも、「ブラックボックスなのではなく、私に理解できないけれど、その理解できない『何か』が行われているのだな」ということは理解できたような気がします。

抽象を愛す

で、タイトルです。

國松先生って、抽象が大好きなんだな、というのが、本を読み終えた一番の感想だったので、そのまま、この記事のタイトルにしました。

大好きなんだな、ととてもカジュアルに書いてしまいましたが、他にうまく言い表せない。臨床の医師として、めちゃめちゃ「具体」の中に存在しつつ、そこに「抽象」を見出し、それを自身の具体(診断)に反映させ(応用し)ていく、ということが好きなのかも知れません。

この本は、最後の方に書いてありますが「難しいな」と思って途中で読まずに飛ばすと、実は一番おいしい所が味わえない本なのではないかな、というのが個人的な感想です。

途中マリオとか出てきて「分からん」と思ったけど、ちゃんと画像も入っていて、「うーん」「うーん?」と思いながら読めば、なんとなく分かってくるくらいには、かみ砕いていただいていると思います。

世の中には、「抽象」というものが「大嫌い」な方もいらっしゃるのは存じていますが、「実は好き」という方、読んでみられてはいかがでしょうか?

グッドタイミング

それと、この本の記事を上げなきゃな~(別に義務ではないんですけどね)と思ってた矢先に、なんとYahooに「國松節」満載の記事が上がりました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kunimatsujunwa/20210112-00217206/

抽象は別に好きでも嫌いでもないけど、文体の好き嫌いが激しい、という方は國松先生っぽい文章として、この文章が結構当てはまるのでは? と思うので、ご紹介させていただきました。この記事を読んで「ニヤッ」としてしまった方は、ぜひこの本も読んでみていただきたいと思います。面白いですよ。

ということで、参考になれば幸いです。

本日もお読みいただきましてありがとうございます。

ランキング参加中↓

難病ランキング
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
アバター如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*家飲みを、もっと美味しく簡単に*
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな日々を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく、もっと楽しく快適に過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする