さわやかさ2乗! タタキきゅうりの実山椒和え

たたききゅうりの実山椒和え

昨日ご紹介した実山椒のオイル漬け(季節の味を楽しもう 山椒の実を漬けました)。漬けて間もなくなので、味見をしてみたら、まだまだしっかり辛さが残っていましたが、さっぱりビールに合う味に。
きゅうりもいよいよ旬の盛りを迎え、さわやかで簡単な、箸休めにもぴったりの味わいになりました。

はじめに

きゅうりはこの時期、欠かせない野菜です。簡単で、使いやすく、価格もお手頃。その一方、結局いつも「切るだけ」になってしまったり。でもお酒と一緒にいただくときには少し変わった味わいも欲しくなったりするし、いつも同じではつまらない、そんなこともあるかと思います。そんな時にはひと手間加えてタタキきゅうりにすると、食感、味わいも少し変わって新鮮な感じに。
実山椒もストックできますので、アレンジには使いやすいと思います。さわやかな辛さが吹き抜けていく感じの一皿、夏のビールにぜひ合わせて作ってみてください

材料

(1鉢分)
きゅうり 1本
実山椒 10~12粒
ごま油 小さじ1
チューブしょうが 1cm
チューブニンニク 5mm

塩 適量

タタキきゅうりを作る

タタキきゅうりピーラーできゅうりの皮をむき、すりこ木でたたいていきます。中の繊維が壊れるくらい。
きゅうりのやわらかさによってはなかなかつぶれなかったり、反対に飛び散ってしまいますので、いい感じなるように気を付けて調味料がなじみやすくなるように、という感じでたたき、薄く塩をします。

実山椒を擦る

実山椒
実山椒をミニすり鉢に入れ、ごま油を入れてつぶしていきます。(ミニすり鉢はよくとんかつ屋さんで見かけるあれです。100均などで販売しています)さらにそこにしょうがとニンニクを加え、よく混ぜ合わせます。

そんなに細かく擦らなくても大丈夫ですが、中の粒が残ると食感があまりよくないので、ある程度は細かくした方がおいしいです。
すった実山椒
実山椒に塩分があまりない場合には、ここで少し塩を足します(きゅうりにも少し塩分があるので、入れなくても大丈夫です)

和える

たたききゅうりの実山椒和えきゅうりの水分をキッチンペーパーでしっかり取り、一口サイズに切ります。先ほど擦った実山椒と和えて出来上がり。

ビールに合う

食べるときゅうりのしゃりしゃりとした食感と、山椒のさーっとする辛味と香りが絶妙です。特に日本の辛口さっぱり系ビールにはよく合う味。第3のビールでも、むしろその軽さがよく合うかと思います。
夏に汗をかいた日、夜にさわやかなビールとタタキきゅうりで一杯、さわやかに一日を終われそうな一品です。

先日のオイル漬けは、オリーブオイルだったので、今回は油は使わず実だけを取り出し、ごま油と合わせました。塩漬けの場合は、そのまま使えますね。オリーブオイルはもう少し漬けた方が香りが移りそうなので、もう少し移ったら、オイルも使った料理をご紹介したいと思います。

「夏にぴったり!ピリ辛レシピ」コーナーにレシピを掲載中!

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top