ワインと源氏物語 ~朧月夜にグランレゼルバを(7月)

7月ワインの日

ワインの日、やってます。月一回、と言っても実は6月は何を飲みたいってのがどうしても思い浮かばずに飛ばしてしまったんですけど。
例えば「ワインの日、やってます 5月はお箸でワインをカジュアルに」とか、ですね。コンセプトとしては「飲みたいワインを決めて、そのワインに何が合うかを本気で考えて、楽しむ一日」という感じです。数年前に大分疲れてしまっていた時に気づくとワインを一年飲んでなくて、それってどうよ、機会を作ろうよ、と我ながら思ったので始めた習慣、というかいベンドです。

であるにも関わらず、先月結局できなかった。ということで、少し考えました。

何か「飲みたいワイン」ていうだけじゃなくて、テーマをもう少し考えてみようかな、と。
ということで、このサイトのコンテンツの一つでもある源氏物語を組み合わせることを考えました。でも源氏物語は「食」の描写ってまぁほんと、びっくりするくらい「ない」んですよ。多分カスミ食ってるんですね(笑)

じゃぁ登場人物に合うワイン、っぽいワイン、っていうのを考えてみようかなと。

朧月夜です。朧月夜って?

ということで第一弾。朧月夜です。私の一番好きな登場人物です。源氏と朱雀帝と両方に愛された、弘徽殿の女御の妹君。奔放な小悪魔がいろいろあって素敵な大人の女性になる、という文脈の女性です。
当代のトップ二人に愛されてるんだから、多分相当に魅力的な女性だったんだろうなとも思います。

そんな彼女に合わせたのは、スペインのグランレゼルバです。グランレゼルバっていうのはワイン名とは厳密には違って、熟成期間を指定した一定の作られ方をされたワインの総称です。華やかな香りが特徴。樽での熟成期間が決められていて、さらに市場に出回ってくるまでにも熟成を経ていますので、なめらか、かつ華やか。この「熟成を経てもなお、いや増す華やかさ」というのは朧月夜にぴったりかな~ と。ちなみに私の好きな赤ワインと言われるとやっぱりこのワインなんですね。
一番好きな登場人物と一番好きなワインが合うってことは、「こういう感じ」が好きってことなんだなぁ、と個人的には納得というか笑えるというか。

で、合わせた料理です。

ローストビーフのプラムソース

ローストビーフ
ローストビーフは休日手作りメニューです。また後日詳細にご紹介しますが、今回はソースの方。

材料

(1皿分)
プラム 1個
塩コショウ 少々
バルサミコ酢 大さじ1

作り方

プラムは8分の1にカットし、フライパンで炒りつけていきます。少し塩コショウを掛けておきます。
プラムを炒りつける

少し焦げ目がついてきたら、バルサミコ酢を投入し、一旦沸かせたら出来上がり。
バルサミコ酢を絡める

容器にとって、冷まします。もう少し汁が出るかなと思ったけど、このプラム結構ぱっつんとした硬さを維持しており、なかなかの歯ざわりでした。
プラムソース

さめたらスライスしたローストビーフに合わせて出来上がり。

ローストビーフというのが朧月夜だなぁと思ったのは「肉食女子」からの発想でしょうか、なんか合う気がしたんですよね。でもグレービーソースとかじゃないな、とか。
そうするとフルーツソースで、でもオレンジみたいにさわやかではない。チェリーとかいいなと思ったのですが、ちょうど美味しそうなプラムがあったので、そちらにしました。

トマトの簡単マリネ

トマトのマリネ

材料

トマト 半個
ディル 2本
ハーブソルト 少々
オリーブオイル 大さじ1

作り方

トマトはさいの目にカット。ディルは1cm幅に切り、材料をさくっと混ぜて出来上がり。
冷蔵庫で冷やしておきます。

こちらはサラダ感覚。赤が彼女の色だと思うので、シンプルに。

カマンベールのレッドペッパー仕立て

カマンベール

カマンベール半個をカットし、砕いたレッドペッパーと塩を掛けました。
一番シンプルながら、一番彼女らしいなと思ったのがこの一品です。この「白にピンク」という可愛さときれいさが両立しているところとか。室温になじんでくるとしどけなく緩んでくるチーズとか、白カビチーズの香りとか。
とにかく「品のあるエロティック」って感じ。

合わせたワイン

グランレゼルバ
ワインには金色の糸が掛かっています。この金色も、なんか朧月夜っぽい気がします。
フルーティさも少し残しつつも、熟成の香り、華やかさのあるワインなので、合わせた料理もそういう所をコンセプトに。

なかなか楽しい一晩となりました。

8月のワインも一応「あの人にしようかな~~~」と考えてますので、もう数回は続きます。月一、どこで来るかはお楽しみ。

↓ランキング参加中↓

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
現在岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*お酒と料理で豊かな食を
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな毎日を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく幸せな食生活、――ひいては幸せな毎日を過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top