朝起きた時に海が見えるといいなぁと思っただけだったのに。

福間館離れ

タイトルはそのまんま、です。先日の一泊一日松江米子の話。

体調がね、下り坂なのは感じてたんですよ。大丈夫だろうけど、無理をするのは無理、みたいな。
で、前日にあっち側まで行っておけば、朝は早くに動き出せるし、その分帰りも早く出来るだろうし。ということで考えた。ゆえの前泊日程です。

という話はこちら。

先日の記事で「松江に行きます」と書いたのだけど、松江(と米子)に日帰りで行くのって、大丈夫と言えば大丈夫だけど、今の私の体力では、ちょっと...

で、どこに泊まろうかと思ったとき、まぁ到着は夜になるんで、どこでもいいっちゃいいんだけど、夕食を食べに出るほどの時間もなさそうだし、ってことは泊まる+朝食だな、と。

というわけで、タイトルです。朝起きたら海が見えるとうれしいな。朝ごはんもまぁ美味しかったらなおいいけど、それなりでいいから、探してみよう、ということで選んだのが美保関の福間館でした。

福間館

海が見えるといいなぁ

なまじ土地勘があるだけに、そうと決めたらざくざく探します。
と思って決めたのですが、到着した8時過ぎ。出迎えてくださった旅館の方が「今日はお客様も少なくて、広々された方がいいと思って、離れの方をご用意いたしました」

え?

と車で5分程移動して到着したのは、少し海から入ったところにある「浜延舎」という離れでした。サイト(上記参照)見てたら北前船の頃、とか明治の時代に、とかあって、めっちゃ古い古民家ですね。

いや、離れに文句があるわけではないけど、聞いてないけど(電話がなってたけど、携帯からだったので、出ていなかった)、まぁいいけど……

「水回りは、きれいにリフォームしてありますから」とか言われても、こ、ここに一人で泊まるんですかーーー!!

玄関はこんな感じ
左手前が居間、突き当りの右がお手洗いです

「外国のお客様とか、最近は増えてきたので、こちらにも手を入れて、離れとして使ってるんです」

そりゃ、この風情は、外国のお客様は喜ぶでしょうねぇ……

居間。奥を寝室として使ってくださいとのこと
手前が居間、奥が寝室、その向こうにリフォーム済みのキッチン
居間で寝ました
結局エアコンが寝室まではとても涼しく出来なかったので、居間にふとんを持ち出し、扇風機を掛けながら寝ました

何も……出てきませんよね

あれですよ、そりゃ友人たちとわいわい、とか外国から「オージャパニーーズ!!」とか来たら、この部屋うれしかったと思います。

でもね、こちら、一人なんです。到着したの、真っ暗になってからなんです。
二階もありますよ、じゃないんですよ、二階に上がってみて、やけにおもちゃとか飾られた部屋とかあったら卒倒ですよ(結局もちろん上がっていない)

フェイスブックに上げたら何の遠慮もなく「座敷〇子とか出てきたりしてwww」とかコメントもらいましたよ。わざわざ言うんじゃねぇ!!(泣)

追い討ちの、まさかの断水

で、そこまではまだ、良かったです。まだ。
突然9時前に鳴り響く携帯。
???

旅館の女将さんからで、「近隣で漏水があり、10時過ぎから明け方まで、断水だって回ってきたので、早めにお風呂とか済ませていただいた方が、と思ってご連絡しました」とのこと。

聞いてないよ!!

トイレは?
「まぁ、一回二回は流せなくても我慢してもらって」

いや、手を……(結局、少し水を貯めておいてそれを使った)

分かったよ、10時には寝たらいいんだろ!!

やっぱり寝れませんでした

で、9時を回った頃から、断水のお知らせの水道局の車が何度も回ってきて、ビールを飲もうと思って持って行ってたけど、夜中にトイレ行きたくなったら、この雰囲気の中、がたぴしふすまとかを何か所も開けて、さらに水も出ないトイレに行くのかと思ったら、気持ちよく飲む気にもならず……

さらにエアコン、頑張って冷気出てますが、そもそもとても暑い夜でした。
寝室に、と言ってもらった部屋との仕切りは、完全には閉め切れず(テレビもそちらにあったし)、結局扇風機をごんごん回しつつ、なんとか寝ることに。

でも、時々家鳴りとかするし。
暑いし。

寝てしまえばいいと思うけど、寝れない(何度か、多分うとうとはしています)

1時ころに、何かはっと目が覚め、しばらく辺りをうかがったのですが何もなく(何があったんだ……)よし、トイレに行こう、と意を決してトイレに行き、帰ってきたら、その後すとんと眠りに落ちました。

本館の朝食場所からは海が見えました

部屋からは海が見えなかったのですが、前の道を少し下ると、海が見えます。
夜はあんなに怖かった家も、朝の光の中だと風情あるように見えます。

そうだよ、明るいうちに到着してれば、まだましだったかも……とあらためて感じました。こうやって明るいところで見ると、やっぱり趣のあるいい部屋です。
分かってて過ごすのと、暗い中、何があるか分からず過ごすのは大違いですよね。

玄関先
玄関先には当時からあったのかな?という感じのあれこれが
朝、出る前に玄関を撮影
右から濱延舎 と書いてあります。右手前は錨

朝食は8時からにしてもらい、白いかのお刺身付きの和朝食。本館の2階が食堂になっており、そこでいただきます。

白いかお刺身付き

おかずもしっかり、窓際の席ではなかったものの、窓越しに海も見え、ようやく長い夜が終わったことを実感しました。

いかの一夜干し
美保関名物いかの一夜干し

旅館のお隣りでは、名物のイカ干しが。

ということで、9時前、松江に向かって出発です。

本日もお読みいただきましてありがとうございます。

ランキング参加中↓ 美味しそうと思ったらぜひぽちっと♪
にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ
にほんブログ村
アバター如月 ローズ
文章も書く、ソムリエ料理研究家
岡山県のスーパーマーケットで販促のお仕事をしています。社内での講師を中心に酒と食の楽しさをお伝えしています。
*家飲みを、もっと美味しく簡単に*
毎日の食をもっと充実させたい、あるいはさせたいと思っているけれど、イマイチ充実しない……そんな思いを抱いていませんか? そんな日々を、ちょっとしたアイディアや情報をご提案することで、ストレスなく、もっと楽しく快適に過ごしていただきたい、そんな思いで運営しています。

Instagram Instagram @febroses
noteでも発信中 如月ローズ https://note.mu/febroses